Amazonギフト券の買取り 店頭OK ケイセンネット

スマホ快適生活 携帯決済の普及でスマートフォンが更に便利になった

スマホ快適生活 携帯決済の普及でスマートフォンが更に便利になった

スマートフォンがあれば生活できる?

今やほとんどの人が所有しているスマートフォン。単なる持ち歩きの携帯電話ではなく、日常生活のあらゆることを便利にするアイテムとして必需品ともいえます。情報検索やコミュニケーションだけでなく、オンラインショッピングもスマホで簡単におこなえるようになりました。ガラケー時代のオンラインショッピングといえばPCで閲覧してクレジットカードまたは銀行振り込みで決済する、という方法でしたが、【携帯決済】の普及で、全てがスマートフォン端末で完結するようになりました。スマートフォンさえあれば生活ができる、といっても過言ではないでしょう。

スマートフォンにも『携帯決済』の枠がある

『携帯決済』とは、ウェブ上のコンテンツや商品を、クレジットカードなどを持っていなくても、携帯で決済できるサービスのことです。携帯決済で利用した料金は、月々の携帯電話料金と合算して支払うことができ、平均して5万円前後、多い人だと最高10万円ほどの利用限度額が設定されています。ただしこの利用限度額の枠は、契約状況はもちろん利用状況によって減額されたりすることもあるので、利用前には枠の確認が必要です。

最近ではガラケーよりもスマートフォンの利用者の方が圧倒的に多いですが、スマートフォンにもガラケー携帯と同じく、携帯決済で利用できる枠が設定されています。auの場合はauかんたん決済、ソフトバンクの場合はソフトバンクまとめて支払い、ドコモの場合はドコモケータイ払い、といいます。ドコモはスマートフォン用の決済としてSPモード決済という機能がありますが、利用枠はドコモケータイ払いと共有されています。

携帯料金の支払い遅れにつきまして

携帯決済で利用した代金は月々の携帯料金と合算して請求されます。例えば携帯決済で3万円分利用したとすると、当然次回の携帯料金請求時に通常の携帯料金にこの3万円がプラスされて請求されてきます。また、携帯料金の支払いが1日でも遅れると携帯決済の利用限度額も減額されることが多いようです。例えば10万円の携帯決済枠があった人でも、携帯料金をの支払いを1日遅れただけで、携帯決済枠が1万円まで減額された事例もききます。携帯決済も利用し過ぎるとその分、請求金額も増えますので、過度の利用には注意が必要です。